マガジンのカバー画像

Timewitch創業秘話

7
運営しているクリエイター

記事一覧

第五章: 崇

額から汗が滴り、顎下からポタリと垂れる。 目は見開かれ、血走った眼が画面を凝視する。 ハァ…

Timewitch
11か月前
4

第四章後編: 健之介の覚醒〜高校生〜

人生って不思議だ。 大人になった健之介は、そう思う。 全てが自分の思い通りに行き、『この…

Timewitch
2年前
3

第四章前編: 健之介の弱さ〜高校生〜

渋谷駅を宮益坂口で降り、明治通りを北へと上る。 そして、宮下パークを左に眺めながら、信号…

Timewitch
2年前
4

第三章: 崇の奮闘記

2005年。 真夏___八月某日。 東京駅。 『腹いてぇ......時間ねぇ…

Timewitch
2年前
10

第二章: 健之介の暗黒期

富士幼稚園を卒園し、小学生になると、健之介と崇は違う小学校へとそれぞれ進学した。 この時…

Timewitch
2年前
10

第一章: 富士幼稚園での出会い

三浦健之介と岡田崇。 この二人の物語を語る上で、ファーストコンタクトは外せない。 出会い…

Timewitch
2年前
15

プロローグ: 岡田崇と三浦健之介

「そういえばさぁ、俺とお前の出会いってなんだっけ?」 「は? 何急に? そんなん覚えてねーよ。お前覚えてんの?」 「いや、全然。なんか最初は印象悪かったことは覚えてるけど」 「ひでー。ま、どうでもいいから飲もうぜ!ほら、コップ空いてるぜ? はい、なーんで持ってんの? なーんで持ってんの? あ、飲み足りないから持ってんの! ほらドドスコスコスコ、ドドスコスコスコ_」 「わぁ〜たって、飲むよ、飲めばいいんでしょ〜……ゴク、ゴク、ゴク、ゴク…ぅっぷ、…う、う゛ぇええ゛え」